• 高岡ほうりん保育園
  • お知らせ
  • 入園案内
  • 園児の生活
  • 保育園について
  • お問い合わせ

保育園について

あそびを大切にする保育

ヨーロッパの木のおもちゃとよい絵本がいっぱいの保育室

あそびを大切にする保育イメージ01

 乳幼児期の保育の目標に「集中する力と友達作り(よい人間関係)」があげられますが、これらは、すべて遊びを通じて養われます。つまり毎日の保育園生活の中で整った保育環境の中で「いろいろな遊び」の経験がその子どもの成長を促します。 特にこの時期は配慮された保育環境においてどれだけ遊びに集中できるかが大切です。子どもは、豊かな遊びを通じて人の「生きる力」を身につけていきます。
乳児・幼児ともその保育室には、いろいろな遊びのコーナーを用意しています。
本物志向のヨーロッパの木のおもちゃを中心にそれぞれの年齢の子どものサイズにあわせた木製のキッチンセットやままごと。お世話あそびのための赤ちゃんや子どもの人形。汽車セット・文化的観点から子どもにとって選書したよい絵本。ひもとおしなど指先をつかっての遊びのコーナー。いろいろな種類のパズル。能力だけでなく時には、運で勝てるヨーロッパのカードゲームなどいろいろなカードゲームのコーナーがあります。もちろん、粘土や折り紙をしたり塗り絵を描くことをできるように配慮しています。

  • あそびを大切にする保育イメージ02
  • あそびを大切にする保育イメージ03
  • あそびを大切にする保育イメージ04

 0・1歳から手先を使ってあそぶこと。みずからが遊びを選択してあそぶこと。自分でできた!という瞬間を保育士が見守ってあげること!そのことが子どもが自分の体内に無限の力がそなわっているということ実感できる自己肯定感を高め心身ともにその子どもの発達を促していきます。

入園を希望される保護者様、保育実習を希望される学生の方はお電話ください

見学などの機会を設け高岡ほうりん保育園の保育についてさらに詳細な説明をさせていただきます。
保育実習を希望される方には直接、高岡ほうりん保育園の保育について説明させていただきます。

  • 入園案内を詳しく見る
  • 実習情報を詳しく見る
  • TEL:059-385-0190