• 高岡ほうりん保育園
  • お知らせ
  • 入園案内
  • 園児の生活
  • 保育園について
  • お問い合わせ

保育園について

こんな子どもに育ってほしい!

高岡ほうりん保育園の保育目標

保育目標に5つの力を掲げています。

5つの力を身につける事により、自分で考え行動する子どもに!

この5つの力が身についていないといつまでも他人に頼り指示や命令がないと動けなかったり、皆と一緒でないと行動できなかったり、何か課題を与えられないと物事に取り組めなかったり、逆にみんなと一緒に取り組めなかったり、自分勝手な行動に走ったりするようになってしまいます。

一生必要な力を、6歳くらいまでに身につける助けをする

保育園と家庭が協力して、子どもが就学前の6歳くらいまでに身につけなければならないことを見誤らないようにしなければなりません。
保育園としては、子どもが小学校に入るまでに必要な発達を助けることを目標にしますが、長期的には、その子が人間として生きていくうえで、一生必要な力が身につくように助けていくことを大きな目標にします。

あらゆる能力を「遊び」から身につける、だからこそ、
最も重要視し子ども主体の保育を実践する

子どもたちは、この時期あらゆる能力を「遊び」を通して身につけていきます。また、これらの能力は、ほとんど6歳くらいまでの環境の中で作られるもので、大きくなってから身につけることはとても難しいものです。だからこそ、ほうりん保育園グループでは「遊び」を最も重要視し、よりよい遊びが保障されるように子ども主体の保育を実践しています。

ほうりん保育園の保育の考え方

高岡ほうりん保育園の保育理念

保育園が保育をするうえでの基本的な考え方です

高岡ほうりん保育園グループは、児童福祉法に基づき保育に欠ける乳幼児を仏教の慈愛の精神のもと保育する児童福祉施設です。その保育は、乳幼児ひとりひとりのことを考慮しその福祉を積極的に増進します。

保育園が保育をするうえでの基本的な考え方

保育の最終的な目的は、自立した人を育成することです。自分で物事を考え、自発的かつ主体的に行動できる能力は、その子どもが一生を生きていく力の源となります。
人の脳は、3才児までに大人の脳の60%ができあがり、6才児までに90%ができあがるといわれます。つまり、この乳幼児期こそ、いろいろな体験を通じて自然に発達を促すことが必要です。

保育園が保育をするうえでの基本的な考え方

子どもの発達や自然の摂理にあった段階。その年齢や発達段階でやらなくてはいけないこと、体験すべきことを日々の遊びの中で楽しく身につけることが求められています。また、身体の一部を使うことより全身を使うことが大切なのは、運動神経は感覚神経とともに脳中枢神経でつながっているため、両神経の発達が脳中枢の発達を促すからです。視覚・聴覚・触覚・味覚・臭覚などの感覚神経と手や足などを動かす各運動神経を発達させることも、6才までの知的な脳の発達を促す土台になるといわれています。

高岡ほうりん保育園の保育方針

保育理念に基づいて保育園がめざす基本的な保育の方向です

高岡ほうりん保育園の保育方針

養育と教育とを一体化し、慈愛の心と豊かな人間性をもった子どもを育成します。子どもが健康、安全で、情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分発揮しながら自発的・主体的に活動できるように健康な心身の発達を図ります。

高岡ほうりん保育園グループでは、子どもたち一人一人が人として健やかに育っていくように家庭的で健やかな雰囲気の中で見通しのもてる日課のある生活を援助します。また、室内や戸外で十分に遊ぶ事で冒険する気持ちや探求する気持ちを養い物事に意欲的に取り組む力(上記保育目標)が身につくように日々の保育に取り組んでいます。


入園を希望される保護者様、保育実習を希望される学生の方はお電話ください

見学などの機会を設け高岡ほうりん保育園の保育についてさらに詳細な説明をさせていただきます。
保育実習を希望される方には直接、高岡ほうりん保育園の保育について説明させていただきます。

  • 入園案内を詳しく見る
  • 実習情報を詳しく見る
  • TEL:059-385-0190

保育園について

  • 高岡ほうりん保育園の施設を見る
  • お問い合わせ質問はこちらから
高岡ほうりん保育園情報

高岡ほうりん保育園へのアクセス

〒513-0014
鈴鹿市高岡町字塚原1843-7

TEL:059-349-1100
FAX:059-348-2222

高岡ほうりん保育園情報