お知らせ

法輪会2016年07月17日

法輪会からのお知らせ

■社会福祉法人法輪会からのお知らせ■

来春平成294月よりほうりん保育園(北長太町)は、幼保連携型認定こども園(ようほれんけいがたにんていこどもえん)への移行を予定しています。幼保連携型認定こども園は、幼稚園的機能と保育所的機能の両方を合わせて持つ単一の施設で小学校就学前の子供の教育・保育・子育て支援を一体的に提供する施設です。従来の保護者の就労などで保育が必要なお子さん(2号認定3?5才・3号認定:0?5才)の保育に加えて幼児教育の場としてのお子さん(1号認定:3才4才5才)を預かる施設(こども園)への移行です。

9月の入園募集をうけて説明会を行う予定です。

これは、昨年、国の子ども子育て支援制度がスタートし就学前施設の幼稚園の機能と保育所の機能をひとつにしたこども園への移行を推し進めている状況下、この長太地域では、鈴鹿市の幼稚園再編計画により平成293月をもって鈴鹿市立長太幼稚園が廃園となることを鑑みてそれに代わる幼児教育の場の確保が必要と考えたものです。ほうりん保育園は、この地域の就学前の保育と幼児教育の場をきちんと確保していく所存で取り組んでまいります。これまでの保育形態や保育内容には変わりがありませんのでご安心ください。


                                                   理事長 弓巾 尚史

お知らせ背景

私たちは、児童憲章の精神にもとづき、日本の将来を担う子ども達の健全な育成に貢献するとともに真に地域社会に必要な保育園になるように努力を重ねます。